アメリカ・西海岸で陶芸をしています。


by eripottery
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

12年

a0146529_06030884.jpg

毎年ちゃんと覚えているわけではないのですが、
そういえば12年前の今日8/30、アメリカに引っ越してきたんだった、
ということを急に思い出しました。

夫がテキサス州オースティンの会社に仕事を得て先に単身で渡り、
3ヶ月ほどあとから渡米。
3年ぐらいしたら帰るつもりが、いつのまにか12年、、、。

2人揃って英語がろくに話せないまま来たので、
とにかく沢山の人達にかなり助けられてきた12年でした。

オースティンで生活をスタートして数ヶ月後の冬、
なんだかだんだん夫の会社の景気が悪くなってきたような、、、?という頃、
カリフォルニアの会社から夫に転職のオファーがあり、
翌春、その会社にインタビューに行きあたらしい仕事が決まったちょうどその翌日、
まるでそのことを知っていたかのようにレイオフにあい、
その日でテキサスの会社での仕事が終わってしまった、、、なんてこともありました。
偶然のタイミングでしたが、すごい綱渡りのような感覚でした。

急にバタバタと引越しがきまり、
つぎの家も決まってないまま、全ての家財道具をトレーラーで引きながら、
一週間ぐらいかけて観光しながらカリフォルニアへ。
2006年の春からはロサンゼルスの郊外での生活がはじまりました。
生活、と言っても今思えば最初の数年はほとんど観光気分でした。

しばらくして、なんとなくグリーンカードの話になってトライしてみることに。
その1年ぐらい後、わたしは深く考えずに、ただやってみたいという勢いだけで、
自分の作品を販売することを模索し始めました。
浅はかなわたしは「グリーンカードがないと販売活動ができない」という
基本的なことが全くわかっていないまま、すっかりその気でいました。
活動に必要な許可証を取る時になってはじめてそのことに気がつきましたが、
それはグリーンカードが取れたすぐ後のことでした。
後から思うと、かなり運良くタイミングがそろった、ってことだったんだなと思います。
そして少しずつ販売をはじめたのが2009年の終わり、
クラフト・アートショウに本格的に参加し始めたのが2010年、
つい最近のことのようですが、そこから8年ぐらいになりました。

英語はいまだに苦手で、12年選手にしてはかなりお粗末なほうだと思います。
ショウでも最初の頃、会話が成り立たなくてお客さんに気まずい思いを
させてしまったことも何度もあったし、
メールの対応も最初の頃は時間がかかりすぎて作品作りがちっとも進まなかったことも。
優しいお客さんや作家のかたたち、陶芸仲間や友人たちに助けられながら、
どうにかやってこれているなとつくづく思います。

まだ12年か、という人もいるし、
もう12年も、という人もいるし、いろいろ。
この先どこにいるのかわかりませんが、
縁のある場所で自分がやっていけることを
これからも楽しんでやっていけたらと思います。


[PR]
# by eripottery | 2017-08-31 13:10 | Comments(0)

この夏最後のショウ

4月から月一回ペースでショウをやってきて5ヶ月、
最後は先週末のPalo Altoでのショウでした。

最後の窯が冷めるのを待って出発できたのが午後3時。
もうあちこちで渋滞も始まってて道のりの1/3ぐらいで夕暮れ。
結局着いたのは、日付の変わる直前でした。

a0146529_04114548.jpg

8月最後の週末だからか、フリーウェイはキャンピングカーが多かったです


a0146529_04115658.jpg



北にのぼったら少し涼しいかな?と期待したのに、
ベイエリアもこの週末は急に暑くなり、気温も90Fを超え野外ショウには厳しい気温。
にもかかわらず、たくさんの方たちが訪れてくださいました。


a0146529_04122523.jpg


a0146529_04121019.jpg


ここPalo AltoはアップルなどIT系の企業が多く集まる地域ですが、
その世界で有名な、みんな知ってるあの方も会場でお見かけしました。


前回の7月のショウで、想定していたよりも作品がかなり少なくなり、
今回のショウまでの3週間で、ショウにむけての作品と今月納品の作品を同時に制作するという
かなりきびしいスケジュールになってしまいました。
ショウがつづくホリデーシーズンなどはそれに向け秋から作りためているのですが、
今回は状況が違ってかなりピンチ。
顔だけ洗って早朝から制作を始め、
途中で食事と少しの休憩をはさみながら深夜まで、、、と、
課題の締め切り前の学生のような生活。
生活のペースをできるだけ崩したくないと最初だけはトレイルには行けたけど
そうできたのは数日で、以降、運動の時間もとれずじまい。
ブログももっと更新したいと思っていたけど途中から挫折してしまいました。
普段一切作品作りを手伝ってもらうことはありませんが、
今回ばかりは状況を察した旦那さんもやすりがけなど少し手伝ってくれかなり助かりました。
ほとんど外にもでることなく制作し、
どっぷりと仙人のような生活に、長いあご髭でも生えてきそうな勢いでした。

ろくろや削りは急げても加飾はそうもいかず、、、と
touseigamaさんも少し前の記事に書かれていましたが、
ちょうど記事が書かれた頃、わたしもまさしくそのような状況でした。
(touseigamaさんの緻密で繊細な美しい作品に向かって ”私も同じです”とコメントするのは
おこがましすぎて気が引けて、良い言葉も見つからず、
そっとイイネボタンをおしただけになってしまいましたが)




模様は一つの本体につき1つだけではなく、
作品によっては2つ、3つと必要なこともあります。
また模様を貼ってみたもののバランスが気に入らずボツにして貼り直すこともあります。
時間と手間の節約(?)のために模様1枚をチャチャッと貼ってやりすごして
作品数をかせぐということもできるんだろうけれど、
結局そういう作品はいつまでも売れ残ってしまうだろうし、
たとえ買っていただけても、それが誰かの手元にずっと残ると思うと
わたしもモヤモヤ、、、としてしまったりするだろうと思うので、
そこは辛抱強くいくしかない、と思っています。
この3週間で模様を150点以上はカットしたと思いますが、
模様をカッターで一つ一つ切っていくのも時間もかかるもので、
できるだけ集中力のある早朝にカットし、焦らず辛抱づよく、、、の時間でした。
(でも模様がうつわによい感じでレイアウトできた時は嬉しいものです)

まずは何よりも、3週間大きな問題もなく制作に集中して思うようにできたのは
本当にありがたかったと思います。
7月、8月とこもりっぱなしのかなり地味な夏、ハードなこともありましたが、
春からのショウを無事完走でき、夏の大きな2つのショウも良いかたちで終えられ、
なかなか良いシーズンになったかなと思っています。
また引き続き制作の日々ですが、ひとまずホッとしています。


[PR]
# by eripottery | 2017-08-30 13:32 | Comments(0)

嬉しいメッセージ

ボウルを購入してくださった男性のお客さまが、
メッセージとともに写真をメールで送ってくださいました。
素敵なスカンジナビアンのテーブルの上にのせて。
直径35センチぐらいのボウルです

a0146529_12421428.jpg





[PR]
# by eripottery | 2017-08-16 22:57 | Comments(2)