ショウとともに7月が終わりました

ショウの前日はレンタル什器の間違えがあり、お昼すぎに会場に到着したものの
遅れに遅れて結局夕方5時半頃からセットアップスタート。
正しい什器が届くまで朝の9時ごろから待っていた人も、、、かわいそう。

遠征先でレンタカーをしている場合は、前日、近くのホームセンターに行ってみて
ディスプレイに使えそうなものを探すことが多いのですが、
今回は、無料コーナーにとても良い感じの木材がいろいろ。
(無料コーナーなんてないお店もあるというのにありがたい)
ブースがなかなか良い感じに仕上がりました。

そして翌日からは朝9:30-夜9:30の長いショウの始まりです。

a0146529_11462764.jpg

初日は金曜日の平日にもかかわらず、朝から沢山の人。
土曜日かと錯覚してしまうほどです。

a0146529_11461893.jpg

シアトル近郊のBellevueの美術館が主催しているこちらのショウに参加するのは
今年が2回目。
多くの方がブースに立ち寄ってくださり、
昨年お会いしたお客さまたちもまたブースを見つけて来てくださり嬉しかったです。

朝9:30-夜9:30オープンなので朝食から夕食まで会場で、、、という長丁場ですが、
あっという間の3日間でした。
このショウに限らずですが、毎回近隣の作家も親切なかたたちばかりで、
今回もとても良い時間を過ごすことができました。

これまで、ショウが近づいてくると、どれだけ作品を作っても、
もしかしてこれでは作品が足りてないかも、、、と慌ててしまい焦って失敗することが多く、
作品は増やせるものの、失敗もかなり出てしまっていました。
前回のショウから1ヶ月半、次への在庫は十分と言えるものではなかったのですが、
最終的に作品が足りなくてもいいから焦らずに、
そして、よく売れるものというのではなく、
今回は、自分が今作りたいものをひとつひとつ落ち着いて作っていこうと決め制作してきました。
途中、これだけしかないけど本当に大丈夫だろうかという不安もよぎりましたが、
失敗は以前よりも減り、結果的にはそれなりの作品数を持っていくことができ、
今回のショウでは、100%ではありませんが以前よりは納得のいく展示ができたように思います。
お客さまの反応もありがたいものでした。
遠征は出来ることに制限もありますが、
ここ数年の中では自分の中では一番満足のいくショウになったのではと思います。
(もちろんまだまだ課題も多いですが、、、)

次は今月末。さらに時間もなく、そしてさらに手元の作品数も少なくなっていますが、
今回の手応えをはげみにがんばろうと思います。
暑いのでついついダレてしまいたくなるけど、、、。


[PR]
by eripottery | 2017-08-02 13:41 | Comments(0)