サンディエゴのショウからの3週間は驚きの速さで過ぎていき、
猛暑の先週末はビバリーヒルズでのショウでした。

a0146529_06225979.jpg

春、秋と年2回あるこのショウには3、4年前、3、4回立て続けに出していましたが、
しばらくご無沙汰になっていました。
久々に応募した昨年の春はショウに入ることができなくて、秋もそのまま遠ざかり、
また今年、気が向いて応募し参加できることに。
かなり間もあいていたので、初めてだすショウのような気分で参加していましたが、
以前リピートしてくださっていたなつかしいお客さんたちが何組か、
ブースを見つけてまた作品を連れて帰ってくださり感激しました。

隣のブースのジュエリーアーティストは、もうこのショウに出して30年になるそう。
私はというと、ここに出さなかった間、他をさまよったり、ショウに疲れてしまったり、
何年間か色々右往左往としていました。
ちょっとやってみただけで簡単に結論を出すんじゃなくて、
続けられる限り同じところで積み重ねていくことは結構大事なこと、、、というか、
自分にとって良い場所をつくっていくためには
結局のところ実はそれが一番ベストな方法なのかもと最近思っています。
良い場所は他にあるのかもと次々探してジプシーになりがちだったりするのだけど。

a0146529_06483429.jpg

ブースからみた風景


これ↓はおまけ画像。ブース用のサイン。
主催者から配られたものですが、多分エクセルかなにかで一人づつずれちゃったのかな。
周りのブースみーんな住所が間違っていました。が、
サンタフェ、ニューメキシコから来ましたなんてあら素敵と思って、
写真におさめておきました(本当はカリフォルニアです)。

a0146529_07163782.jpg

そしたら隣のブースの画家の方が、サンタフェから来たの?と。
いえいえ、と言ったら、
彼女こそがサンタフェ在住でもしかして自分と一緒なのかなと思ったそう。
(彼女のサインも間違ってたけど)
キャンピングカーに作品を載せて、NMから旦那さまと来られたとのことでした。
ファインアートの人の話はいつも自分にはないスケールで面白い、、、けど
そんな話をする人が大勢いるのでこちらの感覚も麻痺しそうです。

この週末はメモリアルディウィークエンドで3連休。
1日ぐらい出かけようかしらと思っていましたが、
注文の納期がぐんと早まったり色々と重なってしまい、
おとなしく毎日制作をすることにしました。
アメリカ在住のみなさまは良い連休を!



[PR]
# by eripottery | 2017-05-29 08:39 | Comments(0)
バタバタと金曜の晩に無事準備を終え、
週末はサンディエゴでのショウでした。

a0146529_07061515.jpg

ブースから見えたジャカランダと国旗

土曜の早朝に自宅を出るときはものすごい暴風が吹いていましたが、
会場周辺は夏のような2日間でした(風もなくてよかった)。

このショウに参加するのは今年で4回目。
今年もジャカランダが綺麗に咲いていました。
いつもこもって制作をしているせいか、もうこんなに咲いていてびっくり。
今年は初めて咲いているのを見た気がします。

気持ちの良い天候の中、
ブースに来てくださった方たちや、
参加していた作家の方たちとも久しぶりにいろいろ話もでき、楽しい週末でした。
普段、モソモソと一人で作業しているので、かなりリフレッシュできました。

今月は3週間後にビバリーヒルズでのショウ。
3-4年ぶりなのでこれも楽しみ。
そしてまたさらにその3週間後は、またサンディエゴ、、、と、めずらしく
サザンカリフォルニアでのショウが続きます。

ここ数年は、
遠出やショウの準備に変なプレッシャーを感じたり気が重くなってしまったりして
やっぱりショウの数を減らしてみようと思ったり、
かと思うと、ちょっと続けて頑張ってみたいと急に思ったり、、、と
前向きになったり後ろ向きになったりいろいろ波もあるのですが、
ショウのあとはいつも、やっぱりやってよかったなと思います。

今日はボーッとしてしまいろくなことができてませんが
明日からまたがんばってこう〜。


[PR]
# by eripottery | 2017-05-02 13:33 | Comments(0)

4月の最後の週末

もう4月も残すところ数日、、、。
2月までバタバタしていましたが、3月からまた作品作りに集中しています。

a0146529_05203968.jpg

少し前にオーダーのために製作したカップ。気に入った感じにできました。
この角度から撮るのがなんとなく好きでマグはこんな写真ばっかり、、、。

この週末は、サンディエゴでのショウに参加するため、
今日はショウ前最後の窯だしと明日の準備に追われています。
(今こそ頑張りどき、ってときに限ってちょっと休憩が多くなったりしがちでいけません、、、)

a0146529_05204747.jpg

今回のショウを皮切りに、8月まで毎月ショウが続く予定。
8月が終わるともう秋で、ホリデイの準備がスタートすると思うと、
ここから年末までは一気に過ぎ去っていきそうです。

この週末はかなり暑いようだけれど、
会場は海のそばなので爽やかな週末であってほしいと祈りつつ、
久しぶりのショウを楽しんでこようと思っています。


[PR]
# by eripottery | 2017-04-29 05:45 | Comments(0)

Ikebana Bowl

少し前のことですが、アラスカのお客様にIkebana Bowlを納品しました。
白人の方で、日本人の先生の生け花のレッスンを受けているという方からのオーダーでした。
日本人先生のレッスンに日本人が作ったうつわ、
アメリカの方の手からどんな作品が生みだされるのか楽しみだなと思っていたら、

a0146529_06435085.jpg

写真を送ってくださいました。

a0146529_06395148.jpg


陶芸でもそうですが、アメリカで生まれ育った方のほうが
日本らしさを意識した作品をつくる場合が多いのでそういうものを思い浮かべていましたが、
想像していたよりもポップなかんじでかわいい。
うつわが純粋なジャパニーズスタイルではないというのもあるのかも、ですが)

自分のつくったものに他の方の手によってつくられたものが重ねあわせられ
ひとつの作品になったものを見るのはいつも楽しみです。




[PR]
# by eripottery | 2017-03-01 07:05 | Comments(0)

親友のカップ

早いもので2月も終わり。
新年のご挨拶以来久しぶりの記事になってしまいました。


前回の投稿からおよそ一週間後、親友が天国へと旅立ちました。

日本にいた頃、お互いに中途採用で同じ日に入社した唯一の同期で、
とても心強い存在でした。
その後会社を離れそれぞれ渡米。
でもいつも遠くに住んでいて、会えたのは数えるほどでした。
一番近くにいたのが彼女がSFにいた頃だったのですが、車で7-8時間の距離。
初めてSFのショウに参加した時、生まれたばかりの子供を連れて遊びに来てくれました。

そしてその翌年病気がわかって初めての夏、
SFでのショウの前に自宅をたずねお土産にしたのがこのカップでした。
もう6年前のことです。
気に入ってずっと使い込んでくれていたようでした。
(彼女の旦那さまが、彼女の訃報をフェイスブックに投稿したときの写真を
友人が転送してくれたものを拝借し、トリミングしました)

a0146529_09103858.jpg

ここ数年、彼女は東海岸、私は西海岸と距離はありましたが、
昨秋、毎年出展しているRenegade Craft Fairの12月のBrooklynのショウに応募し、
そのとき再会するつもりでいました。
ところが落選してしまい、ブルックリン行きをキャンセル。
しかしながらその後主催者とのやりとりで通知は手違いによるものと知ったのですが
そこから色々手配するには遅すぎて断念することに。
会えなかったのはとても残念でしたが、
ショウの予定だった12月には彼女の体調が急に思わしくなくなり
キャンセルしたことで彼女をわずらわせずに済んだのは不思議な偶然でした。
結局、2015年の11月にマンハッタンで会ったのが最後となってしまいました。

最先端の高度医療の力を借りながらいつも力強く生きている彼女の姿に
わたし自身もとても励まされ、
このままさらに医療の進化が追いついてひょっとして良い方向に
向かっていけるのでは、、、と思っていたので本当に残念です。

クリスマスにはあたらしいカップを届けました。
そして最期まで愛用してくれていた、とお母さまが聞かせてくださいました。
彼女らしくずっとパワフルに生きていたので、今は安らかに休んでほしいな、
と思っています。


[PR]
# by eripottery | 2017-02-28 16:35 | Comments(0)

謹賀新年 2017

早いものでもう2017年も5日目(日本は6日目ですね)。
あけましておめでとうございます。

今年の元旦も、昨年同様早起きをして友達と日の出を見てスタートしました。
昨年と同じ場所から。
今年もこうして初日の出を拝めることに感謝。

a0146529_10191884.jpg

また今年も、日の出のあとは、ワインエキスパートの友達がセレクトしてきてくれた
豪華なシャンパンで乾杯!
カップラーメン(うつってませんが)に友達が握ってくれた魚沼産コシヒカリのおにぎり、
そして今年は毎年つくっているおせちも持ち込み、まるでお花見のよう
天気にもめぐまれ、気持ちの良い晴天のもとでの宴会(?)でした。

a0146529_10192569.jpg

前日まで雨がふったりやんだりで、今年の初日の出は見れないかな?と思っていましたが、
今年もすばらしい初日の出を拝むことができました。

2016年は、アリゾナ州・スコッツデールや、ワシントン州・ベルビューといった
初めての地でのショウなど、あたらしいチャレンジができました。
一方で、陶芸作品を取引するなかで詐欺に巻き込まれてしまうという出来事もあり、
苦い経験もした年でしたが良い勉強になりました。

今年は、
昨年やりかけてみたもののちゃんと実現できなかったものや
頭の中にありながらかたちにしていないものを
ちゃんと実現できるよう試行錯誤してしていきたいと思います。
それから今年も、あたらしい場所でショウに挑戦できたらと思っています。

昼間のおせちでかなりお腹いっぱいになったので夜は軽めに、、、のはずでしたが、
急に思い立ち、久し振りに手づかみでたべるスタイルのシーフードのお店へ。
ケイジャン味のエビやら貝やらがビニール袋に入ってでてきて
(メニューにはカニなどもありますが我が家はあまりカニが特別好きではないので
いつも頼みません)
バサーッとテーブルに広げて手づかみでいただきます。
写真に写ってないところにも食べ物があり、お正月から暴食の1日でした。

a0146529_10193008.jpg
少なめに見えますが実際にはどーんとつまっていて食べきれませんでした。

元旦に調子に乗ったせいかのかなんなのか、2日後の3日には38度の熱を出し、
久々に寝込みました。
翌日の夕方には回復し、思いのほか短時間で元気になったのでよかったのですが、
制作のスタートは遅れてしまったし、
今年は、体力づくりもしっかりしないと、、、と痛感した年始でもありました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
# by eripottery | 2017-01-06 14:53 | Comments(0)