Ikebana Bowl

少し前のことですが、アラスカのお客様にIkebana Bowlを納品しました。
白人の方で、日本人の先生の生け花のレッスンを受けているという方からのオーダーでした。
日本人先生のレッスンに日本人が作ったうつわ、
アメリカの方の手からどんな作品が生みだされるのか楽しみだなと思っていたら、

a0146529_06435085.jpg

写真を送ってくださいました。

a0146529_06395148.jpg


陶芸でもそうですが、アメリカで生まれ育った方のほうが
日本らしさを意識した作品をつくる場合が多いのでそういうものを思い浮かべていましたが、
想像していたよりもポップなかんじでかわいい。
うつわが純粋なジャパニーズスタイルではないというのもあるのかも、ですが)

自分のつくったものに他の方の手によってつくられたものが重ねあわせられ
ひとつの作品になったものを見るのはいつも楽しみです。




[PR]
# by eripottery | 2017-03-01 07:05 | Comments(0)

親友のカップ

早いもので2月も終わり。
新年のご挨拶以来久しぶりの記事になってしまいました。


前回の投稿からおよそ一週間後、親友が天国へと旅立ちました。

日本にいた頃、お互いに中途採用で同じ日に入社した唯一の同期で、
とても心強い存在でした。
その後会社を離れそれぞれ渡米。
でもいつも遠くに住んでいて、会えたのは数えるほどでした。
一番近くにいたのが彼女がSFにいた頃だったのですが、車で7-8時間の距離。
初めてSFのショウに参加した時、生まれたばかりの子供を連れて遊びに来てくれました。

そしてその翌年病気がわかって初めての夏、
SFでのショウの前に自宅をたずねお土産にしたのがこのカップでした。
もう6年前のことです。
気に入ってずっと使い込んでくれていたようでした。
(彼女の旦那さまが、彼女の訃報をフェイスブックに投稿したときの写真を
友人が転送してくれたものを拝借し、トリミングしました)

a0146529_09103858.jpg

ここ数年、彼女は東海岸、私は西海岸と距離はありましたが、
昨秋、毎年出展しているRenegade Craft Fairの12月のBrooklynのショウに応募し、
そのとき再会するつもりでいました。
ところが落選してしまい、ブルックリン行きをキャンセル。
しかしながらその後主催者とのやりとりで通知は手違いによるものと知ったのですが
そこから色々手配するには遅すぎて断念することに。
会えなかったのはとても残念でしたが、
ショウの予定だった12月には彼女の体調が急に思わしくなくなり
キャンセルしたことで彼女をわずらわせずに済んだのは不思議な偶然でした。
結局、2015年の11月にマンハッタンで会ったのが最後となってしまいました。

最先端の高度医療の力を借りながらいつも力強く生きている彼女の姿に
わたし自身もとても励まされ、
このままさらに医療の進化が追いついてひょっとして良い方向に
向かっていけるのでは、、、と思っていたので本当に残念です。

クリスマスにはあたらしいカップを届けました。
そして最期まで愛用してくれていた、とお母さまが聞かせてくださいました。
彼女らしくずっとパワフルに生きていたので、今は安らかに休んでほしいな、
と思っています。


[PR]
# by eripottery | 2017-02-28 16:35 | Comments(0)

謹賀新年 2017

早いものでもう2017年も5日目(日本は6日目ですね)。
あけましておめでとうございます。

今年の元旦も、昨年同様早起きをして友達と日の出を見てスタートしました。
昨年と同じ場所から。
今年もこうして初日の出を拝めることに感謝。

a0146529_10191884.jpg

また今年も、日の出のあとは、ワインエキスパートの友達がセレクトしてきてくれた
豪華なシャンパンで乾杯!
カップラーメン(うつってませんが)に友達が握ってくれた魚沼産コシヒカリのおにぎり、
そして今年は毎年つくっているおせちも持ち込み、まるでお花見のよう
天気にもめぐまれ、気持ちの良い晴天のもとでの宴会(?)でした。

a0146529_10192569.jpg

前日まで雨がふったりやんだりで、今年の初日の出は見れないかな?と思っていましたが、
今年もすばらしい初日の出を拝むことができました。

2016年は、アリゾナ州・スコッツデールや、ワシントン州・ベルビューといった
初めての地でのショウなど、あたらしいチャレンジができました。
一方で、陶芸作品を取引するなかで詐欺に巻き込まれてしまうという出来事もあり、
苦い経験もした年でしたが良い勉強になりました。

今年は、
昨年やりかけてみたもののちゃんと実現できなかったものや
頭の中にありながらかたちにしていないものを
ちゃんと実現できるよう試行錯誤してしていきたいと思います。
それから今年も、あたらしい場所でショウに挑戦できたらと思っています。

昼間のおせちでかなりお腹いっぱいになったので夜は軽めに、、、のはずでしたが、
急に思い立ち、久し振りに手づかみでたべるスタイルのシーフードのお店へ。
ケイジャン味のエビやら貝やらがビニール袋に入ってでてきて
(メニューにはカニなどもありますが我が家はあまりカニが特別好きではないので
いつも頼みません)
バサーッとテーブルに広げて手づかみでいただきます。
写真に写ってないところにも食べ物があり、お正月から暴食の1日でした。

a0146529_10193008.jpg
少なめに見えますが実際にはどーんとつまっていて食べきれませんでした。

元旦に調子に乗ったせいかのかなんなのか、2日後の3日には38度の熱を出し、
久々に寝込みました。
翌日の夕方には回復し、思いのほか短時間で元気になったのでよかったのですが、
制作のスタートは遅れてしまったし、
今年は、体力づくりもしっかりしないと、、、と痛感した年始でもありました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
# by eripottery | 2017-01-06 14:53 | Comments(0)
12月の2週目の週末は、今年最後のクラフトショウでした。
ここ数年、1年の最後を締めくくるのはLAダウンタウンのGrand Parkでのショウ。
いつも暑いぐらいの天気になるのに今年はどんよりした天気。
でも例年通り沢山のお客さん。
最近はLA周辺ではあまり出展する機会がなくちょうど一年ぶりでした。

a0146529_03152676.jpg


立ち寄ってくださったお客さまたちのほか、ショウで会うmaker友達、
遊びに来てくれた友達、今年もたくさんの人とお話でき楽しい時間を過ごすことができました。

昨年、ショウもそろそろ終わりの頃、お買いものをしてくださった方がいらっしゃいました。
かなりの大雨で人もまばらな中、ブースを見つけていろいろお買いものをしてくださり
とっても嬉しかった!、、、という出来事があったのですが、
実はそのとき、大雨の中お待たせしてはいけないと慌ててしまって
作品をひとつ袋に入れ忘れるという大失態をおかしてしまいました。
その後、なんとかお金はお返しすることができたのですが、
ご連絡先もわからずお詫びの手段もないまま一年たってしまいました。
その方が、今年もまた、作品が見れるのを1年待っていたんです!とブースに来てくださいました。
作品を大事に使ってくださっているというお話をお聞かせくださり、
一年前のことをお詫びすることもでき、
そしてまた、新しい作品たちを連れて帰ってくださり、とても嬉しかったです。

そしてある方はブースの前で突然ビデオチャットを始め、作品をいろいろ撮影しながら
友達に生中継。なんと斬新な、、、と思っていたら、電話の向こうの方が、
コレとコレ、と実況中の友達にお願いをして代理でお買いもの。
以前もお買い上げくださったかたが今回来れないからと、お友達に生中継を頼んで
お母さんへのギフトを買ってくださったとのことでした。

いろいろな方がお立ち寄りくださり、お声をかけてくださったりして
とても励みになりました。

a0146529_03153797.jpg


今年はもちこたえてギリギリ雨に降られることもなく
無事に最後のショウを終えることができました。
今回は巨大なツリーのふもとのブース。
家にツリーも飾らずクリスマスらしさを感じることなくずっと篭って制作していたので
ここでクリスマスらしさをやっと少し感じることができました。

a0146529_03154010.jpg


このショウが終わり気持ち的にはひと段落、、、なところもあったのですが、
注文の大皿の失敗を繰り返して青ざめたりしながら、
いつもの制作の日々を過ごしています。
でももうすぐクリスマス&お正月なので、少しのんびりできたらと思っています。


[PR]
# by eripottery | 2016-12-22 03:17 | Comments(0)
11月の三週目の週末は、毎年恒例のサンフランシスコのショウでした。
木曜の晩までかなり睡眠時間を削って出発に向けて準備をがんばったものの、
金曜日朝早く出て、サンフランシスコの知人とディナーを、のつもりが、
結局金曜日まで作業が残ってしまい、夕暮れ時にやっとLAダウンタウンを通過、、、。(そして渋滞)

a0146529_12371922.jpg

結局、南サンフランシスコのあたりに着いたのは、日付も変わる頃でした。
翌朝早起きしてさらに残っていた作業のつづきをしたりしてから
朝7時に出発してあわてて会場へ。

この週末は雨に見舞われ、土曜の朝の搬入はかなりザーザーと降られました。
いつもだいたい、雨、といっても小雨だったり結局降らなかったりということばかりだったのに、
今年はかなり派手に降っていました。

写真でみるとそうでもないようにみえるけど、
短い時間でみんなかなりザワザワバタバタと準備をしてます、搬入の時間は。

a0146529_12372562.jpg

サンフランシスコの人たちは雨に慣れているから、とはよく聞くけれど、
こんなに降ってたらさすがに今回はヒマだろう、、、と思うほどの雨でしたが、
予想に反して結構たくさんのお客さん。そして思っていたよりも忙しかった。

a0146529_12374233.jpg

a0146529_12375796.jpg

初めての方たちにもたくさんお会いしましたが、
毎年このショウにいらしてブースに立ち寄りお買い求めくださるお客さまたちに
今年もお会いすることができたのもとても嬉しかったです。

a0146529_12375383.jpg


昨年はサンフランシスコのショウの前の週にマンハッタンのショウに参加しましたが、
今年も参加したというベンダー仲間に、今年はどうだった?と聞いたら、
大統領選の直後だったから、お客さんもみんなゾンビのようなかんじで、
会場の雰囲気はちょっと暗かったし、セールスも昨年の半分だった、、、と言っていました。
大統領選直後は、泣いたり、落ち込んで外に出られない人も結構たくさん居るとは聞いていましたが、
ショウにも結構影響があったようでした。

日曜も朝は雨がざーっと降っていましたが、
友達づてでお話をいただいたお店にショウの前に納品へ。
すてきな住宅街の一角にあるコーヒーショップ。
これからさらに雑貨も増やすそうで、
ホリデーシーズンにはいろいろ楽しく買い物ができるコーナーになるそう。

a0146529_13110778.jpg


あっという間の2日間でしたが、今年もまた良い時間を過ごすことができました。
実はショウの前しばらくのあいだかなりネガティブな気持ちになっていたのですが、
例年通りに良いかたちでサンフランシスコのショウを終えることができてホッとしました。

a0146529_12380101.jpg

毎年食べているわけではないのですが、
結構気に入っている空港のそばにあるお店の小籠包。今年は寄れた。
サンフランシスコにせっかく来たのだからいろいろ見て回ろう、と張り切っていた昔と違って、
最近はあまり市街を歩くこともなくディナーも簡単にすませたりすることが多くなってしまいましたが、
またいつかゆっくり楽しみたいです、サンフランシスコ。

次は2週間を切ってしまったロサンゼルスでのショウ。今年最後のショウに向けて今がんばっています。



[PR]
# by eripottery | 2016-11-29 13:29 | Comments(0)

ユーカリ色のカップ

小さめのカップです。

a0146529_06004783.jpg




[PR]
# by eripottery | 2016-10-09 02:57 | Comments(0)